ansin

安心して働くためには前もって託児の確認が必要

ansinまだ幼い子供の育児をしながら、
看護師として復職をしようとしている。

というママナースも最近ではとても増えてきています。

 

育児には費用も掛かりますし、
看護師不足の現状では、復職は病院側も喜びますし、
収入も得られるので看護師自体もうれしいですよね。

でも、子供を預けることが出来ないと復職も難しいことから、
託児施設がある病院に復職する。
というママナースが増えています。

 

求職をする時には託児施設があることが
事前に分かるケースは非常に多くなっています。

でも、実際に預けようと思ったら定員がいっぱいで預けられない。
夜勤時間や土日祝日などは預けられない。
といった制限がある可能性もありますよね。

 

託児を希望する場合には、本当に預けられるのか、
勤務時間に合った託児を行ってもらうことが出来るのかなど、
確認しましょう。

 

人によっては日中は保育や教育の質のよい他施設に預け、
他施設の閉園後は院内託児所へ預けたい。

このような希望があるママナースもいますよね。

 

最近ではこのようなケースにも
柔軟に対応してくれる病院もあります。

ある程度希望を叶えてくれる病院であれば、
安心して働くことが出来ますよね。

 

そのためには手続きが必要になるケースもありますので、
あらかじめどのような手続きが必要なのか、
料金などはどのようになっているのかなどを確認しておくとより安心です。

実際に働き始めてから手続きを開始するのは大変です。

 

前もってしっかりと手続きを行い、
勤務時間には集中して働くことが
出来るようにしておきたいですよね。

kakunin

託児施設ありがすべて安心できる託児施設とは限らない

kakunin託児施設がある病院に勤務する
ということは、
育児中でも安心して働くことが出来る。

と思いますよね。

 

でも、その託児施設が
本当に安心して子供を預けることが出来る施設なのか、
ということは、実際には分からないんです。

病院内にある託児施設というと、
おそらく一般的な保育所のような場所
と考えている人が多いと思います。

 

でも、中には託児をするだけ。
というようなケースもあります。

小児病棟の病室のような一室で、
病院に勤務している人の子供がただ過ごしているだけで、
保育の質が悪いケースもあります。

 

夜勤や土日祝日の出勤があるのに、
夜間閉園、土日祝日は閉園
というようなケースもあるんですよ。

 

託児施設がある場所についても、
病院の中にある場合と、病院に併設された別施設の場合、
病院とは異なる場所の場合。

といろいろな種類があります。

 

送り迎えをすることを考える
必要があるケースもありますよね。

託児施設を利用する料金も、
病院によってさまざまです。

 

充実した保育が望める反面、
料金が高い可能性もゼロではありません。

 

ただ託児施設があるから安心して働ける。

と思うのではなく、実際に託児施設はどのようなもので、
料金はどのくらいかかるものなのかということなども
しっかりと確認しておかなければ、
あとあと後悔することになってしまう事があります。

 

後悔しないように、
しっかりと確認しておきましょう。

 

献血 看護師

 

yoitakuji

良い託児施設がある病院を選ぶには?

yoitakuji看護師という職業は、
どうしても女性が多い職業になっています。

そのため、結婚や妊娠・出産、
そして育児などのために休職する
という人は多くなります。

 

実際に看護師免許を持ちながらも、
看護職についていないという潜在看護師は、
全国に55万人もいると言われています。

 

看護師不足と言われている中で、
このように潜在看護師が多い。

その理由の一つに、
職場復帰をしたくてもできない
事情がある人もいると言われています。

 

その中に多いのが子育て中の潜在看護師です。

 

安心して子供を預けることが出来る施設がないので、
職場復帰が出来ない。
というものです。

 

医療現場では、このような子育て中の潜在看護師が、
安心して職場復帰をしてもらいたい。

ということで、
病院内に充実した託児施設を設置することに
積極的になってきていますよ。

 

病院内に設置する託児施設には
いくつかのメリットがあります。

 

民間の託児施設や公的な保育園に比べると、
保育料がとても安くなっています。

また、自分の職場のすぐ近くに託児施設がありますので、
安心感も高いですよね。

 

預けている間に不測の事態が起こったとしても、
すぐに対応してもらえます。

昔から託児施設がある病院はありましたが、
以前はただ預かるだけの施設
であったケースが多かったんです。

 

それならば教育が出来る民間の保育施設、
しっかりとした保育が望める公立の保育園。

と考える看護師も多くいましたが、
最近では院内の託児施設の充実も図られています。

 

ただ、その数はまだまだ少ないのが現状です。

優れた託児施設がある病院は人気も高いので、
看護師専門の転職サイトなどを
上手に利用して選ぶこともおすすめですよ。

hairyo

院内託児所があれば本当に安心して働ける?

hairyo子どもを育てながら看護師としての仕事をしようと思うと、
やはり子どもの預け先を
しっかりと確保する必要がありますよね。

看護師の場合には、
病院側が託児施設を用意してくれるケースも多く、
子育て中の看護師が復職することに配慮してもらうことが出来ます。

 

でも、この病院側が用意している託児所にも、
いくつかの種類があるんです。

 

一つは病院の中に託児所があるパターンで、
院内にありますので残業や夜勤の場合でも融通を効かせてもらえますし、
休憩中に様子を見に行くこともできます。

 

院内ではなく、病院の近くの保育施設と提携している。
という場合もあります。

この場合、病院と保育施設の運営は別々ですので、
最悪の場合には保育施設が閉所していしまうことが
絶対にないわけではないんです。

 

安心して働けるはずが、
預け先が無くなってしまう。
これは困りますよね。

 

 

また、預け先があるから安心して勤務が出来る。
と思って、バリバリと働き過ぎてしまう。
というのは問題があります。

子どもにとってはやはり親と過ごす時間と、
託児施設で過ごす時間は、違う時間です。

 

長時間勤務はやはり子どもの負担になりますよね。
それに家族だって心配します。

 

子育て中の看護師は、やはりある程度時短勤務や残業がない、
夜勤を減らしてもらうなど、子育て看護師に配慮をしてくれるような
勤務先を探すことは大切です。

託児施設があるんだから、通常勤務を強いるという職場ではなく、
託児施設があり、さらに労働時間などにも
配慮をしてもらうことが出来る職場選びをしましょう。

fukusyoku

子供の預け先がない時には復職できないの?

fukusyoku子どもが生まれるということは
とても嬉しいことですし、
新しい命の誕生は誰だって喜ばしいことです。

でも、働く女性にとっては、
出産後の職場復帰を考えると
気が重たいと感じてしまう事もあります。

 

子どもは一人で留守番させるわけにはいきませんので、
仕事をしている間の預け先を確保する必要があるからです。

看護師の場合には、特に勤務が24時間体制で、
土日祝日など一般的な託児施設が
閉園の時でも働く必要があります。

 

都市部の場合には、24時間対応、
365日対応の保育施設も多くなってきましたが、
地方部になるとこのような施設も少なく、
預け先の確保をするのが大変になってしまう事があります。

 

一般的な託児施設は
どうしても平日の日中だけというケースが多くなります。

でも、病院内に託児施設がある場合には、
看護師の勤務に合わせて子供を預けることが
出来るようになっていることが多くなります。

 

院内託児所であれば、
子供と一緒に出勤して託児所に預け、
退勤時にはすぐに託児所に迎えに行けます。

両親などに子どもを預けるという負担もかけず、
また預けている間に何か起こった場合でも、
すぐに対応をしてもらうことが出来るというメリットもありますよ。

 

子どもの預け先に迷ってなかなか復職できないという方は、
院内託児所がある病院を選ぶ。
という方法がお勧めになります。

yasumi

託児施設が休み!?そんなときにどうしたらいいの?

yasumi子供を持つ看護師の多くが悩む
と言われているのが託児施設の確保です。

 

一般的な保育園や幼稚園などは
平日の日中は開園していても、
土日祝日や、夜間は閉園している。

ということが多くなります。

 

でも、看護師の仕事は、土日祝日も関係なく、
夜勤もある仕事ですよね。

また、一般的な託児施設は
病気の子供を預けることはできません。

 

わが子が体調を崩している、
けど仕事は休めないときには
どこに預けたらいいのか迷うところです。

自分が休むことは難しい、
でも子供を預ける所がない。
こんなことが起こった場合、どうしたらいいのでしょうか?

 

病院内にある託児施設の場合には、
365日24時間体制で開園しているケースも多くなります。

さらに、病児保育といって、
病気の子供や、
病後の子供の保育を行っているという場合もあります。

 

ただ、すべての病院が
このような体制を敷いているわけではありません。

院内託児所でも休日や夜間閉園の場合もあります。

 

そのため、普段使っている託児施設以外にも、
病児保育を行ってくれる託児施設、
夜間や休日の託児がある施設など、

いくつかの施設を調べ、確保しておくと安心できます。

自宅で子供のお世話をしてもらうことが出来る
ベビーシッターを確保しておく、
両親に頼むといったことも考慮しておきましょう。

syourai

将来を見据えて託児所のある病院を選ぼう

syourai結婚や育児などによって一時的に臨床現場を離れた後、
再度復職する場合、
臨床現場を離れていた期間がある程度できてしまいます。

 

この期間、つまりブランクが短ければ
対して問題がないのかもしれませんが、
5年以上のブランクがあると看護師としての感や技術の衰えを感じます。

 

また看護知識についても、
今までの常識が通じなかったり、
新しい知識や技術も導入されてきます。

とくに大学病院などでは医療の進歩は速く、
一度離職をすると再教育を受けなけれは
復帰することが難しくなりますよね。

 

だからと言っても、結婚や出産、
育児をあきらめて仕事をしなければならない
という訳ではありませんよ。

 

看護師として技術や知識を極めようと考えると、確かに結婚や出産、
育児のために離職期間を置くのはマイナスになりますが、
離職せず働くことができる仕組みも大きな病院ではしっかりとあります。

それが院内託児所です。

 

24時間365日の態勢で託児をしてくれる院内託児所は、
夜勤の時や残業の時でも子供を安心して預けることが出来ます。

託児所がない病院の場合には、自分で預け先を確保したり、
確保が出来ないときには休職して再び臨床に戻るときには
再教育を受けなければならないなど大変なことになりますよね。

 

看護師が職場選びをする時には、
前もって託児設備が整っている病院に就職をしておけば、
将来的にも安心して勤務を続けることが出来ますよ。

kokorogamae

託児所ありの病院で働くときの心構えとは?

kokorogamae子育て中のナースにとっては
やはり院内託児所がある職場を選びたい。
という人は多いですよね。

最近では「保活が困難」と言われています。

育休明けや産後再就職をしようとしているお母さんたちが、
子供の預け先がなくなかなか職場復帰が出来ない。
というものので、社会問題にもなっています。

ただ、看護師の場合には、
もともと女性が多い職場で、
人材不足も深刻という事情があります。

そのため、子育て中の方でも安心して働けるように、
託児所がある医療機関は多くなっています。

働いている間に、
自分の近くに預け先があるというのは、
嬉しいですよね。

子どもを育てながら働くというのはとても大変です。
子どものこと、
家庭のことなど気になることは沢山あります。

でも、看護師という仕事をしている仕事中は、
責任感を持ってこなさなければならない業務が多くあります。

子育て中だから、家事があるから。
と甘えることは避けるようにしましょう。

託児所があるような病院は、
比較的子育てナースの状況に
理解を示してくれるところが多くあります。

でも、この状況に甘えずに、
仕事中はしっかりと仕事に取り組むことが大切です。

院内託児所に預けられている子どもたちも、
そんなプロフェッショナルな仕事をするお母さんを見て育ちますよ。

tafwea

看護師なら気になる!ブランクと託児所

ナースにはありがたい託児所の存在

tafwea
出産や子育てで一線を離れた看護師が、
ブランクを短縮して働くためには
託児所の存在が欠かせません。

早く働きたいと考えていても、
子どもを預ける場所を見つけるのが最初の難関です。

 

働く以前の問題で
復帰が遅れてしまうことも少なくありません。

そういう時に助けになるのが、
託児所のある医療機関です。

 

子どもを預ける場所が確保出来るだけで、
親としての責任はある程度軽くなります。

それでも仕事と子育ての両立は
大変なことには変わりはありません。

 

しかし、働いている間
子どもを安心して預けることが出来る環境があれば
ブランクを取り戻すためにも
一生懸命働けるのではないでしょうか。

 
 
 

仕事への責任感は忘れないで!

子どもを預けながら働く上で
気を付けなければならないのは、
子育て中という状況に甘えてしまうことです。

看護師の世界は
働くお母さんである先輩達がたくさんいます。

 

ですので、子育てにも理解があり
比較的子どもがいても働きやすいものですが、

仕事は責任感をもって
こなさなければならないことばかりです。

 

自分の都合で勤務予定を急に変えたり、
大変な事は避けようとしたりするようでは、
周りも協力しようという気持ちが薄れてしまうものです。

お母さんである前に、
職場では一人のプロフェッショナルとして
働く姿勢が大事です。

 
 
 

看護師の復帰に問題となるブランク

tnaewa
大学病院などでは看護師が結婚や出産などで退職し、
再度大学病院へ復帰しようと思うと
ブランクの年数によっては難しくなります。

復帰するためには短ければ短いほど良いのですが、
5年を過ぎてしまうと現場を離れすぎるために
再教育を受けなければ復帰できません。

 

大学病院は、一般の病院とは違い
医療従事者に対する教育制度が整っているので、
一度教育制度から離れてしまうと、
離れた分だけ取り戻すのに時間がかかるのです。

元々、医療の現場教育を第一に運営しているので
厳しいところがあります。

 
 
 

託児所があればブランクも心配もなし♪

看護師としての高度な知識や技術を
極めようとした時には、
結婚・出産・退職といった流れで、
現場離脱をすることを避けなければなりません。

しかし、このような事態になっても
託児所が設置されている病院は継続が可能となります。
特に、院内に24時間体制で施設があれば
安心して看護業務に専念できるのです。

 

託児所がない病院であれば、
退職して子どもに手がかからなくなってから
復帰することになります。

現場を離れた期間を取り戻すために、
他の人よりも余計に勉強をしなければならず
負担が大きくなります。

 

このようにならない為にも、
将来出産を希望している人は
初めから託児施設の整っている病院に
就職するといいでしょう。